音楽関係の仕事に就く為に必要なモノとは?

音楽に触れられるお仕事

有ればアピールに繋がる資格

国家資格・世界共通技術の資格

ピアノ調律技能技師/ピアノのメンテナンスや修理などの全てのジャンルで活躍する技能・技術の国家資格です。
しかし資格を保有していなくてもメーカーや専門学校の修了、実務経験を積むと、ピアノ調律技師になる事は可能です。
MIDI検定試験/MIDIとは電子楽器を繋ぐ世界共通規格です。
DTMやコンピューターミュージックには欠かせない知識の認定試験です。
ProTools技術認定試験/世界のトッププロがレコーディングで使用しているDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション:パソコンで音楽制作をするソフトで、DTMはこの分類に入ります。)ソフトウェア・システムの技術判定をする認定試験で、自分の技術レベルの指針になります。

管理・スキルアップに繋がる資格

舞台機構調整技能士/国家資格の一種で、音響設備の操作・調節を行う人が持つ資格です。
ある程度のレベルの資格には、実務経験が必要で上級になると、勤務先の舞台機構の管理者になる事が可能で、給料にも反映されやすい資格です。
音響技術者能力検定/音響技術者にとって必要なあらゆる技能・技術の検定で、この資格を所持していると「音のスペシャリスト」と呼ばれます。
舞台やライブだけでなくレコーディングなどで活躍する人が持つ資格で、実務経験が必要になってきます。
映像音響処理技術者資格認定試験/イベントやCM、テレビなどの映像や音響に答えるのが映像音響処理技術者で、この試験はその習得状況を把握する為の試験です。
照明技術者技能認定/ライブや舞台の照明技術を認定する試験で、ある程度の実務経験が必要ですが、習得する事で「専門家」と呼ばれます。

▲ ページトップへ戻る