音楽関係の仕事に就く為に必要なモノとは?

音楽に触れられるお仕事

裏方のお仕事

サービス業

音楽スタジオ/学生から社会人、アマチュアからプロまで様々な音楽をする人が練習する場所です。
必要な資格や知識は要りませんが、経営する場合は多額の初期投資が必要になってきます。(部屋の防音や、音響設備を揃える為。)
音楽クラフトマン(職人)・リペアマン(修理する人)・楽器店のスタッフ/楽器を作ったり、修理したし販売する人です。
職人は専門学校やメーカーに就職するのが一番の近道ですが、リペアマンは楽器店の販売スタッフとして修業する事も可能です。
ピアノの調律師/ピアノのメンテナンスやチューニングの専門家で、ピアノの専門的知識・技術がかなり必要になってくるお仕事です。
個人で行う仕事としてはかなり厳しく、技術だけでなく人脈と経験が必要になってきます。

その他

音楽療法士/音楽を通して、心と身体のリハビリ治療を行う人です。
療法士と言っても医学部などの出身で無くても、一般の団体が主催する認定試験に合格すると、取得できる資格です。
音楽ライター/とにかく音楽を聞き、様々な分野のアーティストに触れ、その良さを世間に伝えるお仕事です。
現在はフリーペーパーやWEBニュースにも掲載が多く需要があり、音楽が好きでなければ、なかなか出来ない仕事です。
YouTuber/最近は動画サイトに自作の歌をアップして、プロ入りする人も少なくありません。
資格や年齢制限が無い為手軽に始められますが、曲だけでなく動画の編集力などセンスが必要になります。
ある程度の収入を得るには、頻繁に動画ネット上にアップするなど労力も問われます。

▲ ページトップへ戻る