音楽関係の仕事に就く為に必要なモノとは?

音楽に触れられるお仕事

音楽は身近にあります

音楽関係のお仕事は表舞台に立つ以外にも色々な仕事があります。
ここではライブ会場やレコーディングのお仕事、アーティストのサポートするお仕事を紹介します。
PAエンジニア/ライブの音響を操るエンジニアで、簡単に言うと色々なつまみやボタンを操作しながら、スピーカーから出る音を調整する人です。
照明エンジニア/曲目や演出によって「光」の演出を行うお仕事です。
舞台美術・特殊効果/大道具・小道具・セットを作る人で、スモークや火柱などステージ演出には欠かせないお仕事です。
イベント制作/イベントの企画、アーティストのブッキング(海外アーティストにオファーする際は語学力も必要)、告知などライブやフェスの運営を行う人です。
スタジオミュージシャン/レコーディングやライブの際にサポートする人で、高い演奏技術が必要です。
作詞・作曲・アレンジャー/音楽を作るうえでとても重要なお仕事で、アーティストの魅力を引き出すセンスが必要で、音楽プロデューサーとして必要な実績です。
プログラマー・マニピュレーター・サウンドクリエーター/DTM(デスクトップミュージック)と呼ばれる、電子機器やパソコンに直接情報を打ち込んで音を作る人の仕事です。
レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア/バランスや音色を調整して、最終的に音の品質を決めるお仕事です。
ローディー/アーティーストの楽器の、セット・調整・修理・片付けが主にメインのお仕事で、一昔前は弟子のような分類でボーイとも呼ばれていました。
マネージャー/アーティストのスケジュール管理やメンタル面でのサポートなど、担当者を最優先出来る人が向いている仕事です。
A&R/アーティスト・アンド・レパートリーと呼ばれ、レコード会社の職務の一つで、アーティストの発掘・契約・育成・楽曲企画提案・制作・宣伝と音楽に対して幅広い知識だけでなく、流行に対して敏感な人が向いています。

裏方のお仕事

テレビや舞台、ライブの他にも、身近なところにも音楽に関するお仕事はたくさんあります。 ここでは身近な音楽のお仕事を紹介していきます。 イメージではピアノの先生などを思い浮かべると思いますが、他にも色々お仕事があり、あまり聞きなじみのないようなお仕事もあります。

有ればアピールに繋がる資格

音楽のお仕事は誰でも出来る仕事が多く、技術勝負な部分が多い世界です。 特別その資格を持っていなくても出来るお仕事が多いですが、指導・育成目的で資格を取得する人も多いです。 ここではお仕事をする際にアピール出来る資格や、作業を覚える為に学ぶ事の出来る資格を紹介していきます。

トラブル発生?

音楽業界には様々な資格がありますが、実務経験が必要な物が多く基本的には資格が無くてもお仕事が可能になってきます。 そこで注意して欲しいのが、音楽を習う時です。 資格が無い分、誰でも簡単に仕事を始める事が出来る為、習う側が注意するべき点をあげてみました。

▲ ページトップへ戻る